おまかせ定期便

ZOZOが語るテクノロジーを活用したファッション体験とは【田端信太郎氏・金山裕樹氏インタビュー前編】

日本発、世界のファッション・テックを牽引する株式会社スタートトゥデイ。もともと輸入CD・レコードのオンライン販売からスタートした会社だったが、日本のファッションブランドのEC化に先駆けて、2004年にインターネット上のセレクトショップを集積したファッションショッピングサイト『ZOZOTOWN』の運営を開始。 現在では、ZOZOTOWN出店ブランド数は1,100件を超え、アクティブ会員数は545万人を超えている。またEC事業を核としながらも、ユーザーのファッション体験を向上するために、テクノロジーを活用した様々な新しいプロジェクトをローンチしている。 今回、同社のコミュニケーションデザイン室 室長である田端信太郎氏と、テクノロジー部分を担う子会社『スタートトゥデイテクノロジーズ』代表取締役CINOである金山裕樹氏に、テクノロジーがユーザーのファッション体験に与える影響や、同社の今後の海外展開についてお話を伺った。 前編では同社が作り出した新たなファッション体験と、それを支えるテクノロジーについて掘り下げていく。 田端信太郎 株式会社スタートトゥデイ コミュニケーションデザイン室 室長 【プロフィール】 1975年石川県生まれ。慶應義塾大学経済学部卒業。NTTデータを経てリクルートへ。フリーマガジン「R25」の立ち上げや、広告営業の責任者を務める。2005年、ライブドアに入社し、livedoorニュースを統括。ライブドア事件後は執行役員メディア事業部長に就任し経営再生をリード。さらに新規メディアとして、BLOGOSなどを立ち上げる。 2010年春からコンデナスト・デジタルへ。VOGUE、GQ JAPAN、WIREDなどのWebサイトとデジタルマガジンの収益化を推進。2012年、NHN Japan(現LINE)執行役員に就任、広告事業部門を統括。2014年、上級執行役員法人ビジネス担当に就任。2018年3月から株式会社スタートトゥデイ コミュニケーションデザイン室 室長。 金山 裕樹 株式会社スタートトゥデイテクノロジーズ 代表取締役CINO(Chief Innovation Officer) 【プロフィール】 AppleとGoogle、両社のベストアプリを受賞した唯一のファッションアプリ「IQON」(アイコン)を運営するVASILYを創業後、2017年10月に「ZOZOTOWN」 を運営するスタートトゥデイにM&A。M&A後はスタートトゥデイの技術開発を担うスタートトゥデイテクノロジーズのイノベーション担当代表取締役として、スタートトゥデイ研究所の発足などR&Dと新規事業の創造を行なっている。 著書に「いちばんやさしいグロースハックの教本」(インプレス)など。 スタートトゥデイが創り出した新たなファッション体験 オーダーメイドで『あなたサイズ』の服が買える:ZOZOSUIT(ゾゾスーツ) ファッションECの最大の課題であった「サイズ問題」を解消するべく開発された、採寸用ボディースーツ『ZOZOSUIT(ゾゾスーツ)』が話題を呼んでいる。 ZOZOSUITは、全身に施された300~400個のドットマーカーをスマートフォンのカメラで360度撮影することで、ユーザーの体型サイズを瞬時に計測することができる、革命的なデバイスだ。 そして、ZOZOSUITでの測定データをもとに、PB『ZOZO』のデニムパンツやTシャツ、スーツに至るまで、ユーザーひとりひとりの体型に合った服をオーダーメイド感覚で注文することができる。 「サイズへのこだわりは、我々の企業のDNAに刻まれています」と田端氏は語る。長らくファッションECのプラットフォーマーであったスタートトゥデイだが、ユーザーにぴったりサイズの服を届けるというのは、ZOZOTOWNスタート時から貫いてきた同社のこだわりであり、ZOZOSUIT開発は自然な流れだと説明する。…
第一工業、東洋電機、アクロクエストテクノロジー、ディープラーニングによる物体検知AIを活用した搬送システムを共同で開発

第一工業、東洋電機、アクロクエストテクノロジー、ディープラーニングによる物体検知AIを活用した搬送システムを共同で開発

[PDF]  社会プラットフォームイノベーション事業を展開するアクロクエストテクノロジー株式会社(本社:神奈川県横浜市、代表取締役:新免流、以下「アクロクエスト」)は、IoTアプリケーションプラットフォーム「Torrentio」シリーズの画像・動画解析AIソリューション「Torrentio Video」を活用した自動仕分けによる搬送システムを第一工業株式会社、東洋電機株式会社と協力して開発しましたことをお知らせします。   【背景】  既存のバーコードやセンサーによる仕分けでは、荷物の形状や色などの判別まではできず、昨今、荷物の内容が多様化する物流業界や、様々な製品を扱う製造業の現場では、その仕分け作業に、多大な労力(人・時間)が必要となっています。この度、その労力削減や仕分けの精度向上にむけて、第一工業株式会社、東洋電機株式会社、および、アクロクエストテクノロジー株式会社の3社共同で、カメラ映像を元に、AI(人工知能)技術を活用した自動仕分けによる搬送システムの開発に取り組みました。   【取り組み内容】  搬送ラインを流れる荷物をカメラで撮影しつつ、その形状や色をリアルタイムに分析・判別する実証実験を行い、物品の自動仕分けに成功しました。今回の開発にあたって、アクロクエストは、画像・動画解析AIソリューション「Torrentio Video」を活用して、上記の分析・判別の自動化を可能にしました。    実際に開発に協力した自動仕分け機は、2018年9月11日(火)~2018年9月14日(金)に東京ビッグサイトで開催されている国際物流総合展2018にて、展示しております。 国際物流総合展2018:http://www.logis-tech-tokyo.gr.jp/   【「Torrentio Video」の概要】 1.名称  画像・動画解析AIソリューション 「Torrentio Video(トレンティオ ビデオ)」 2.特長  ①市販のネットワークカメラを利用して、特定物体の検知が可能です。  ②エッジ処理で、高速な画像・動画解析を実現します。  ③少ない画像サンプルでも、効率的にモデルの構築が可能です。   Torrentio Videoに関する詳細は、以下ページを参照ください。 Torrentio Video紹介ページ:http://www.site.torrentio.tech/torrentio/torrentio-video/   【第一工業様からのエンドースメントのご紹介】  物体検出センサーレスの搬送ラインが実現し、生産搬送ライン上で人による不良品の検出が自動化されます。今後、ランニングコストの削減・保守の軽減・工事簡略化が図れます。   【東洋電機様からのエンドースメントのご紹介】…