【金融テック最新トレンド】 AR/VR活用事例7選

【金融テック最新トレンド】 AR/VR活用事例7選

先日アメリカ・ラスベガスでは、世界最大級の家電見本市として知られるCES(Consumer Electronics Show)が行われた。メディアはイベントで発表された商品やテクノロジーを取り上げ、CESの話題で持ちきりだった。 特にXRと呼ばれる、VR、AR、MR(複合現実)を総称した分野は近年注目度が上がっており、フットコントローラー付きのPlayStation VRのようなエンターテインメント製品をはじめ、8K高画質のVR/AR用ヘッドセットなどの最新技術を用いた製品も多数発表された。 関連記事:改めて知っておきたいVR・AR・MRの違いとは ゴールドマンサックスの調査によると、XR業界は2025年までに80兆円規模の市場価値を生み出すと予測されており、様々な投資家からの注目が集まっている。 そんな中、より積極的な投資を行っている業界の1つが金融だ。Citibankをはじめ、各国の大手銀行たちがXR技術を業界に取り入れていこうとしている。そこで今回は、金融業界で導入され始めているXR技術活用のトレンドを実例と共に紹介していく。 関連記事:【金融革命】最新フィンテック (Fintech) 系サービスまとめ <投資 x XR事例> 1. MR株式取引システムCiti HoloLens Holographic Workstation(Citibank) Citibankで有名なCitiグループは、Microsoftが提供しているMR用ヘッドセットのHoloLensを利用した株式取引システムを発表している。ユーザーはヘッドセットを装着することで、そこに浮かび上がる最新の株価情報や取引データなどを閲覧することができる。さらに声やジェスチャーで株式取引も可能だ。 株式取引にMR技術を利用する利点としてまず挙げられるのが、タブレットやPCなどのスクリーンの範囲に限定せず大量のデータを一度に表示することが可能な点だ。また、画面覗き見による金融取引の内容を第三者に見られる心配がないということも重要な利点の1つとなっているようだ。 (HoloLensを使ったホログラムのワークステーションの様子) 2. 投資バーチャルエージェントCora(Fidelity Labs) アメリカ・ボストンに拠点を置き、金融分野でのイノベーションを牽引する製品開発に取り組むFidelity Labsは、株式バーチャルエージェントのCoraを開発している。CoraはVR/AR/3D開発用のAmazonAWSの新サービスAmazon Sumerianを利用して開発されている。 ユーザーはVRで表示されるバーチャルエージェントのCoraに対して、投資に関する質問や相談を音声で行うことができる。現状、この製品はコンセプト検証中のプロトタイプ段階にあるそうだが、実用化されればトレーダーが投資判断する際の強力なサポーターとなり、株式データのオーバーロードを回避できるようなメリットもあると言われている。 3. AR不動産投資サポート(Commonwealth bank…